統計解析ソフト「SAS」について

心理学統計にSASを使おう

はじめに

心理統計に使うツールとして、SAS、SPSS、R等(ただし、Excelおまえはダメだ)あるが、SASは圧倒的に情報が 少ない。
心理学をおいている大学といえどSASの維持に対する予算はなかなか難しい。
が、ついにSASの無料版が登場!!これにより心理学統計をSASを利用するということは選択肢として多くの人 に出てきたらと思います。

とはいえ、まだまだ情報が多いとは言えないと思うので少しでも初学者の助けになるようにこのサイトでは心 理学基礎実験をもとにSASの利用方法を紹介したいと思います。
そのため対象者は心理学を専攻している学部生、特に心理学基礎実験を次年度に控えている学部生に学んでも らいたいところです。
(というか心理学基礎実験始まってからだと環境を用意したりSASの操作方法を覚えたりとするのは時間的にき つくないかな(;・∀・) *今も心理学基礎実験のレポートは3日くらいが閉め切り?

ので、あんまりやり過ぎるとそのままレポートにだされてしまう可能性があるので基礎実験の内容に関しては そこまでふれないのであんまりコピペしすぎないように

推奨開発環境

パソコン
OS…windows mac どちらでも可(ただし、windousの場合64bit版推奨)
CPU…core i5以上ないと計算終わるのに時間かかる
メモリー…最低4G、これからパソコンを買うのであれば8Gは欲しいとこ

なお、ここではMacを中心に説明しますがWinでも基本的には変わらないです。

目次 随時更新します(m´・ω・`)m ゴメン…

○準備編1
1.テキストエディタ「ATOM」を使おう!
2.SASのIDEはATOMで決まり

○SASを使うために
1.心理統計にSASを使おう!
2.SAS University Editionを使おう

○SASの基本
1.SASの基本構造を知ろう!
2.SASでデータ入力をしてみよう
3.SASでデータを読み込もう!

参考図書

心理学基礎実験

SAS

最終目的

全部の記事ができたらまとめてpdf配布と電子書籍(kindle版)にする予定(`・ω・´b

公開日:
最終更新日:2015/06/30


 comment
  1. SASでカイ二乗検定をしよう - パペット・ライフ より:

    […] 統計解析ソフト「SAS」について […]

  2. […] 統計解析ソフト「SAS」について […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です