kindle電子書籍デビューを目指して!!

   

hon 同人活動をしてみようと思ったとき、色んな分野があるけど自分は文字を扱う同人活動をしてみようと計画(`・ω・´)早速始めようと思ったけど、一人でやる場合は挫折がつきもの。ということで資料系同人誌1冊100ページを1000円程度でAmazonの電子書籍Kindleで販売することを目的として、その軌跡をこのブログでどのように取り組んだかをまとめてその知見を共有しよう!!

なぜAmazonのKindle?

Amazonの電子書籍Kindleは有名なので名前を知っている人は多いはず。専用のアプリ(PC,Mac,Android,iphone)で読むデータになった書籍が電子書籍。他にも電子書籍を扱うサイトは多いがまだまだ品揃え的にはAmazonが一人勝ちな状態。加えてセールも結構えぐい感じで攻めてきてるのでなかなか他のサイトは苦戦しているようです(例えば角川の半額セールなど)。そういった背景からAmazonのKindleストアで個人で同人電子書籍をだすのはいきなりそんな大手、と思うかも知れないが十分選択肢に入るだろう。ただし自分は小説や資料系と文字で売り込もうとしているが漫画は結構激戦区らしい。競争相手が多いという激戦区ではなくいかに売れるようにアピールするかが勝負になってくる。そのため多くの電子書籍サイトで平行して売りだそうと考えるかもしれない。そこで大きな壁となるのがKindleストアでの販売には専売による印税が違います。 専売だと印税70%、その他の電子書籍サイトと平行して販売すると35%です。自分の本がそれなりに売れているのなら35%の印税でもいいかもしれませんが、Kindle専売の特典はまだまだあります。

KDPセレクトとは

 上記のKindleストアで専売で70%印税というのはこのKDPセレクトの3つの特徴の一つです。

1.ロイヤリティ(印税)70%受け取り

 自分の販売する電子書籍の印税を70%で受け取ることができます。ただし価格設定で250円〜1250円の間での価格に限ります。

2.Kindleオーナーライブラリに登録

Amazonの有料会員向けサービスである「Amazonプライム会員」のサービスのひとつにこのKindleオーナーライブラリがあります。これは1ヶ月に1冊電子書籍を無料で読むことのできるサービスです。一見無料で読まれるのであまり関係ないように思われますが、これ実は配当金がでます(参考 KDP セレクト グローバル基金の分配金はどのように算出されますか?)

3.Kindle Countdown Deals と無料キャンペーン

Kindle Countdown Dealsとは期間限定値引きキャンペーンのことです。しかしこれはまだ日本のAmazonは対象国ではないのでまったり待ちましょう。無料キャンペーンは5日間無料で提供できるサービスです。しかしこれはKindleオーナーライブラリのように配当金はでないので注意です。

なお、KDPセレクトは90日自動更新なので他の電子書籍サイトで販売を考えてる場合は注意しましょう。

さぁ書くぞ!

さて、販売するサイトをAmazonのKindleストアに決めたので後は書くだけです。小説のように文字だけでなく図や表などの構成も行うので使うテキストエディタはみんな大好きATOMです(テキストエディタ「ATOM」を使おう!)。これでMarkdownで書いてRe:VIEWにしてそれをKindleストアのフォーマット「mobi」にします。一応他のサイト用に「epub」形式も作ります。ここら辺は自分のつくる同人誌がある程度進んだら知見を共有します。

もし、技術書や資料系同人誌に興味がある人はまずATOMでMarkdownで執筆してみませんか?

 - 雑記